新着
有効数字の扱い方に沿って桁数を揃える場合(「数値を丸める」と表現します)は,その数値を次の計算に用いる際に丸める前の,有効数字の1桁多い数値に直してから用いることとなっています。これは,「丸める」作業が繰り返されることで,本来の数値から次第に離れていってしまうことを防ぐためです。数値の丸めは,「全ての計算を通して1回のみとする」ということにもなります。(4) の ② も同様と考え下さい。
重力加速度の大きさは,厳密には地球上の位置によって微妙に異なります。教科書 P.27 を参照してください。これらの違いはわずかであるので,特に指示がない場合は 9.8 という数値を用いることとなっています。中学校では,計算を煩雑にしないために 10 という計算しやすい数値にしているのだと思います。高校以降でも模試や入試でそのような配慮がなされることがありますか,9.8 に対してややずれが大きいですので,問題で指示された場合のみと考えてください。
それでも正解です。ただし,今回の問題文においては,「a=2 のとき」をわざわざ分けなくともどちらかに合併させたほうが解答としてはよりシンプルで良いでしょう。なお,問題文で「そのときのxの値も求めよ」となっていたら,質問にあった解答のように3つに場合分けする必要があります。なぜなら a=2 における最大値は 4 でそのときの x の値は x=-2,2 となり,最大値を与えるxの値が唯一2つでてくるからです。
上記の返り点の付け方は誤りです。上・下点は一・二点を両方挟んで返るときにつけますので,上記のような上・下点の付け方はできません。そこで,6から7にどうやって返るかを考えたときに,5と6は熟語ではないかという考えになります。慎重に考えたいところです。