新着
有効数字の扱い方に沿って桁数を揃える場合(「数値を丸める」と表現します)は,その数値を次の計算に用いる際に丸める前の,有効数字の1桁多い数値に直してから用いることとなっています。これは,「丸める」作業が繰り返されることで,本来の数値から次第に離れていってしまうことを防ぐためです。数値の丸めは,「全ての計算を通して1回のみとする」ということにもなります。(4) の ② も同様と考え下さい。
重力加速度の大きさは,厳密には地球上の位置によって微妙に異なります。教科書 P.27 を参照してください。これらの違いはわずかであるので,特に指示がない場合は 9.8 という数値を用いることとなっています。中学校では,計算を煩雑にしないために 10 という計算しやすい数値にしているのだと思います。高校以降でも模試や入試でそのような配慮がなされることがありますか,9.8 に対してややずれが大きいですので,問題で指示された場合のみと考えてください。
それでも正解です。ただし,今回の問題文においては,「a=2 のとき」をわざわざ分けなくともどちらかに合併させたほうが解答としてはよりシンプルで良いでしょう。なお,問題文で「そのときのxの値も求めよ」となっていたら,質問にあった解答のように3つに場合分けする必要があります。なぜなら a=2 における最大値は 4 でそのときの x の値は x=-2,2 となり,最大値を与えるxの値が唯一2つでてくるからです。
上記の返り点の付け方は誤りです。上・下点は一・二点を両方挟んで返るときにつけますので,上記のような上・下点の付け方はできません。そこで,6から7にどうやって返るかを考えたときに,5と6は熟語ではないかという考えになります。慎重に考えたいところです。
国語科,数学科,英語科,理科(物理基礎)に関しては特に制限はありません。自分が使いやすいノートを用いてください。なお,理科(生物基礎)については,できれば B5 のノートが望ましいです(ただし,購入済みの場合は A4 等でもかまいません)。
現在,Classi ではサーバーへのアクセスが制限され,つながりにくい状況が続いています。今後,改善される状況にあるので,もうしばらくお待ち下さい。なお,11 日時点では,健康調査に関しては朝 7 時 30 分までにアクセスしていただけると,回答しやすい状況でした。
日本語としてどのように感じるか,ということを大事にしてください。これらの語については,生活の中の論理的な文章を読んだり,その他の様々な経験を通して覚えるものでしょう。数学の文中特有の使い方というのもありません。数学の文章を作るときに上手に使いたいのであれば,まずは自分で使ってみる。そして解答などを参考にする。このような姿勢でよいのではないでしょうか。
want to do も hope to do も「~したい(と思う)」という意味で使いますが,want to do は最もストレートな願望を表し,「何かが欠けているのでそれを補うための要求」のニュアンスが強く,時には少し直接的すぎて,子供っぽさも感じさせる場合があります。それに対して hope to do は「実現できそうなもの(可能性)への期待」の意味合いが強いので,前向きな印象を与えます。本文では若田氏の宇宙飛行士になりたいという夢を指して dream of ~ing の言い換えなので,「実現できそうなもの(可能性)への期待」をさして hoped to become~ が適切です。
① 20 日提出するのは 1 回目の課題です。2 回目の課題は 26 日に回収します。(これは学習の指針 No.4 に書いてあります)② 20 日に提出するのは No.3 で出した新聞記事の課題です。No.4 の Yahoo ニュースの課題は 26 日に提出してください。(こちらは説明不十分でした。申し訳ありません。)
減点にはなりません。「また,私の勝手な憶測なのですが,A×10n乗のnが ±1 の時は,一般的にこの表し方を使わないということなのでしょうか。」について,「使わない」わけではありません。一般に A×10^n(^は累乗の記号)について,10^n で表しても表さなくても良い。上記の問題ではどちらも正解になります。しかし,例えば,5.00×10^5 m/s を 500000 m/s と表すことはできません。これは有効数字 3 桁という情報が欠如するためです。また,5.0×10^-4 を 0.00050 と表した場合は特に間違えではありません。有効数字 2 桁が反映されているからです。大切なのは「有効数字がしっかり表せているか」ということです。ただし,最後の例は通常は 5.0×10^-4 と表すことが多いです。こちらの方が有効数字や桁数などが分かり易く,その後さらに計算をする際にも計算し易いためです。有効数字や計算し易さを考慮して,数値は A×10^n と表すことが多いです。
0.8s の有効数字は 1 桁です。上位の位から見て初めて 0 でない数が出てきたとき,それより上位にある 0 は位取りのためであり,有効数字には含めません。例えば,0.00230 の場合は左 3 つの 0 は位取りであり,有効数字に含めない。初めて 0 でない数である 2 以下が有効数字となり,この場合は 230 が有効数字で 3 桁となります。なお,右側の 0 は有効な数を表します。これが 0.0023 ならば有効数字 2 桁です。よって 0.8s の場合,左の 0 は位取りであり,有効数字は 8 のみの 1 桁になりますので,0.80 まで記載することが求められます。
Let's Try Note の解答にある,「船に対する川の速度」という表現は,正確には不適切です。おそらく,「船が進む向きを考慮すると,川は,地面に対してこの速度で進んでいると考えてよい」ということを言いたかったのだと思います。そこに違和感を感じたのであればその感覚は正しいと言えます。その解答にはあまりこだわらず,教科書をしっかりと読んで,自分なりの考え方を身に付ければ大丈夫です。その調子でがんばってください。
6.12 × 1.8 を例に考えます。この場合,6.12 とは 6.115 以上 6.125 未満,1.8 は 1.75 以上 1.85 未満というように誤差を含むことを表しています。この誤差を考慮すれば,6.12 × 1.8 の計算結果は 10.70125 以上,11.26816 未満という範囲に入ります。ここで,6.12 × 1.8 = 11.016 という計算結果が得られても,そのうち "1.016" については確かな数ではないため,計算結果を 11 と表し,10.5 ~ 11.4 の範囲に答えが含まれることを表します。このように掛け算・割り算では,有効数字の少ない桁数に合わせて最終的な答えとすることが適します。
p.12 (1) ② の問題において,計算の最終段階は 24 m - 16 m となっています。ここで,"24" は 23.5 以上 24.5 未満,"16" は 15.5 以上 16.5 未満という意味で,どちらも小数第 1 位以下の数はわかりません。よって 24 m - 16 m = 8.0 m のように小数第 1 位を "0" と決めることはできません。このように,和・差の場合は計算後に有効数字が減ることがあります。(例 10000 - 9999 = 1 であり,1.000 とすることはできません。)また,減点されるかについてです。有効数字の取り扱いは実験を行う上で欠かせないスキルですが,それよりも現象を理解することの方が大切です。現時点では現象の理解を優先してほしいと思います。最終的(入試など)には減点対象となります。
該当の問題文は物理ではよくある表現で,「投げてから時間 T の後に」という表現は,「投げてから時間 T だけ経過した後に」と読み取る必要があります。慣れるまで少し時間はかかりますが,そういうものであると理解してください。
ルーズリーフが不可の教科科目は『国語』と『社会(倫理)』です。その他の教科は特にルーズリーフでも大丈夫です。ただし,『社会(政治経済)』と『家庭基礎』については,プリントを用いての学習となるので,ノート自体の準備は必要ありませんが,プリントを綴じるためのファイルを各自用意してください。
いい質問です。最初はあえて,聞いたことを整理して書くことのみを意図して課題を出しています。とにかく正確に内容をまとめる訓練ですね。ただ,当然様々な考えや疑問等が浮かぶでしょうから,それを書くことを否定するものではありません。もし書くのであれば,しっかりと内容の整理とは分けて書いてくださいね。また,書き方ですが,文章の形でも,図的にまとめた形でもかまいません。ポイントは知らない人が見てもわかりやすいかどうかです。素晴らしいできのものは名前を伏せて許可を取った上でアップすることも考えています。頑張ってください。
学習の指針《臨時版》No.2 の社会の欄「やるべきこと・やってほしいこと」に示した【政治・経済】の課題についてです。「3日に一度のペースで進める」のは ④ の授業プリントについての指示です。①~③ のニュースをまとめる課題については,気になるニュースがあったときに,調べて,メモをしておいてください。④ の授業プリントの課題が終わってしまった人は,①~③ のニュースをまとめる課題に引き続き取り組んでください。こちらは3日に一度のペースでなくて結構です。自主的に進めてください。通し番号1のプリントの裏面だけでは足りなくなった場合には,通し番号2以降のプリントの裏面を使っても構いません。その他【倫理・政治経済共通】の課題にも取り組んでください。
課題を解くノートを授業用ノートにしても構わないですし,課題専用のノートを用意してもらってもどちらでも構いません。ただし,郵送にて課題提出の場合は申し訳ありませんが,当該ページをコピーして提出してもらうことになります。ノートは郵送料が多くかかり,すぐ返却することが不可能だからです。
「より参考にすれば」ということですね。人には考え方の癖があるので,「自分のしっくりいく解答がその人にとって記憶しやすい」ので,自分でやりやすいと思う解法がよいです。今後ますます様々な解法に接する機会が増えると思いますが,概ねこのような基準で考えていくとよいと思います。
結論から言うと,何行でも構いません。「5行空ける」というのは一つの提案です。生徒によって字の大きさや書き込む量が異なるため,本来ならば,実際に自分が授業を受けながら,「もう少し行数を空けた方がいい」とか,「もう少し狭くてもいい」と判断していってもらっています。しかし,現在その機会が奪われているので,2行空きで予習ノートを作成したならばそれで構いません。授業を受けるまで,そのノートを持っていてください。あとは授業を受けながら自分で調整していきましょう。(ちなみに,今までの二高生は2行~5行のパターンが多かったです。)
古典のノート作成例のプリントは,授業が始まったら最初の時間に説明しようと思っていましたので,配っているクラスと配っていないクラスがあります。欠席者にも配っていません。授業再開がもう少し伸びそうなので,先日配ったプリントを下にあげておきます。参考にしてください。ノート作成例.pdf
「立つ」を辞書で引くと,「立つ」は「タ行四段活用」と「タ行下二段活用」の二つの活用を持つことがわかります。その見極め方は「活用の形」と,「接続」といって直後の言葉がカギになります。(40番は「立てて」の「立て」の形と直後の「て」,48番は「立てり」の「立て」の形と直後の「り」)15番,19番,24番,32番の「立つ」も同様の考え方です。ただし,ここは動詞の活用がきちんと頭に入り,助動詞や接続などを習わないと難しいところです。今は間違ってもかまいません。授業再開後に一緒に考えていきましょう。