教育方針

 

     校 長  後 藤 順 一

ごあいさつ

▶ 熱血湧きて,血は踊る

 はじめに,この度の新型コロナウイルス感染症のためにお亡くなりになりました皆様のご冥福と,罹患されました方々の一刻も早い回復を心からお祈り申し上げます。
 また,この世界的な危機に際し,日々勇敢に,自らを省みず,患者の皆様の回復のためにご尽力されております医療関係者,保健所等の職員の皆様の勇気に敬意を表し,心から感謝申し上げます。
 さて,私こと,この度宮城県仙台第二高等学校26代校長を拝命いたしました。
 私は本校80周年時に生徒として在籍し,100周年時に教諭として在職しました。そして,この度120周年を母校で迎えることができるという栄に恵まれました。その喜びを,本校に在籍する生徒の皆さんのために,全身全霊を傾けて教育活動を推進してまいりたいと考えております。
 標題はご存じの通り,本校の応援歌「雨か嵐か」の一節であります。私は日頃から「教育は熱である。エネルギーである」と思い,これまでの教員人生を送ってまいりました。本校における教育は,教師と生徒のエネルギーがぶつかり合い,躍動するところに生まれる人間としての魂,人間力の形成にあると考えております。それは必ずしも爆発的なものばかりではなく,穏やかにしかしながら力強く,じっくりと形成されるものでもあります。この教師と生徒,または生徒間の「敬愛切磋」こそが,本校の真の教育力ではないかと思っております。したがいまして,本校では総合的な人間力の形成と,その形成された人間力の基盤の上に,それぞれの生徒が持つ個性・感性・特性の伸張を図り,グローバル社会のリーダーまたはクリエイターとなるべく人材の育成に努めてまいりたいと考えております。
 今,世界は「新型コロナウイルス感染症拡大」という大きな危機に飲み込まれようとしています。このようなときこそ,本校の教育において培われた力が,世界を救ってくれるものと思っております。様々な分野で活躍されておられる同窓生の皆様の力を信じております。そして,在校しております我々教職員・生徒も,一人ひとりが勇気を持って,この危機に対するリスクマネジメントをしっかりと行い,仙台二高の教育活動を着実に,そして確実に展開してまいりたいと考えております。どうか学校を支える保護者の皆様にも,御理解と御協力を賜りますようお願い申し上げます。
 今回の掲載は,新年度を迎えた私からの挨拶と新型コロナウイルス感染症による危機を乗り越える意欲を述べるにとどめたいと思います。それでは,皆様も自己管理の徹底を宜しくお願いいたします。

学校経営方針

沿 革
年号 西暦

沿革

明治 33年 1900   4月 宮城県第二中学校として創設(南町仮校舎及び清水小路一中分校校舎を使用)
明治 35年 1902 10月 北六番丁校舎竣工移転
明治 37年 1904   6月 宮城県立仙台第二中学校と改称
大正   2年 1913   4月 生徒定員650名となる
大正   8年 1919 11月 宮城県仙台第二中学校と改称
大正 12年 1923   4月 生徒定員1000名となる
昭和   3年 1928 11月 現在の校地に校舎移転
昭和 23年 1948   4月 学制改革により宮城県仙台第二高等学校と改称、生徒定員900名となる。
昭和 30年 1955   4月 生徒定員1050名となる。
昭和 38年 1963   4月 生徒定員1200名となる。
昭和 48年 1973   4月 生徒定員1080名となる。
昭和 59年 1984   4月 新校舎落成記念式
昭和 63年 1988 10月 第一学年一学級増(9学級)
平成   2年 1990 10月 創立90周年。ノーベル賞フォーラム開催
平成   4年 1992   4月 第一学年一学級減(8学級)
平成 12年 2000 10月 創立100周年。
平成 13年 2001 10月 百周年記念館 「北陵館」落成
平成 15年 2003 10月 新体育館竣工
平成 17年 2005   3月 新テニスコート竣工
平成 19年 2007   4月 男女共学
平成 22年 2010 10月 創立110周年。記念式典開催。
平成 25年 2013 7月 全教室にエアコンの設置。アメリカ研修の開始。
平成 29年 2017 5月 全教室にLED照明の設置。二高一高硬式野球定期戦が史上初の雨天中止。

平成

令和

31年

元年

2019 9月 全教室にプロジェクタの設置。
令和 2年 2020 3月 新型コロナウイルス感染防止のため卒業式の規模を縮小して挙行
校章

校章のいわれ

旧制仙台二中校章

原型が制定されたのは明治35年といわれる。
当時の校章の八光鋒は「正義」「自由」「剛健」「質実」「平和」「友愛」「協同」「自治」の八徳を象徴するものといわれる。
のち、まん中に中学校の「中」の字が置かれ、更に新学制になって「高」の字にかわり、現在の校章となった。

現在の仙台第二高等学校 校章
            現在の仙台第二高等学校 校章

教育目標

教育基本法に則り、伝統を重んじ、次の項を教育目標としています。

~ 至誠業に励み 雄大剛健の風を養い ともに敬愛切磋を怠らず ~

校 歌

校歌

在籍生徒数
普通科 学年8クラス    
1年 321名 男子184名 女子137名
2年 316名 男子185名 女子131名
3年 318名 男子184名 女子134名
合計 955名 男子553名 女子402名

(令和2年度)

教育課程